導入事例

総務・庶務・伝票処理などのバックオフィス業務

大手通信教育会社S社において派遣社員800名が行っていた
業務を整理・集約してコストを圧縮!
  • コスト削減
  • 品質向上
  • 効率化
  • サービス: 教育

業務概要

社員数約3,000人の大手教育サービス企業における総務・庶務・伝票処理などのバックオフィス業務。

  • 課題

    法改正にともない派遣社員の直接雇用による販管費増加が懸念されていた。また、属人的な業務も多く、派遣社員が行う業務が重複して発生していたり、不要な帳票やその処理、負担のかかる手戻りなどがあるなど、改善のポイントを見つけ対策を打つ必要があった。

    ①派遣社員が属人的に業務を行っており、標準化か進んでいない
    ②派遣社員の正社員に対する比率が約30%と高く非効率である
    ③規制の強化で直接雇用によるコスト増が懸念されている

  • 成果

    ●伝票処理の自動化などにより労働時間85%に圧縮
    ●プロセスの整理と委託化で初年度5%のコスト削減
    ●業務委託化で派遣からの直接雇用を20%弱に抑制

TMJの提案

【ポイント】
①バラバラに管理されていた管理帳票を集約し統一
②新しい運用や運用変更への抵抗感を安心感に変えるために導入課題を可視化し共有
③業務品質安定のため、人ごと移管を前提にTMJに委託し、直接雇用を最小化

無料のお問い合わせ、お見積もり、資料請求はこちらから

WEBでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
0120-777-50010:00 ~ 18:00 土日祝日除く