導入事例

顧客の申し込みに対する保険契約内容の不備是正業務

ダイレクト型損害保険会社A社様における高難易度業務を可視化・標準化。
社員がコア業務に集中できる体制の最適化を実現!
  • コスト削減
  • 効率化
  • コア業務集中
  • 金融/保険: 損害保険

ダイレクト型損害保険会社におけるお客様の申込みに対する契約内容の不備是正業務
オペレーション規模:6ブース

  • 課題

    ダイレクト型保険契約において、お客様がWEBサイトで直接申し込み手続きを行う際、前保険契約から引き継がれる等級等の誤入力が一定量発生する。これに対する是正業務は、業務知識・スキルの高い社員や熟練業務者よって行われていたが、業務ノウハウは担当者個人に依存し、ルールやマニュアルが整備されておらず人材育成も困難な状況だった。さらに販売好調により業務量が急増し、属人的な対応には限界が見えはじめていた。

    ●販売好調を背景とする是正業務急増への対応力不足
    ●個人に依存し標準化されていない業務の非効率性

  • 成果

    ●難易度が高い是正業務を標準化。業務ノウハウをマニュアル化し業務委託を可能にした。
    ●社員は事務作業に費やしていた工数を減らしコア業務へ集中できた。

TMJの提案

業務可視化ツール「BPEC」により、周辺業務を含めた訂正業務のスキルレベルやボリュームを抽出・可視化。業務ノウハウは難易度ごとに仕分け業務を標準化(ルール・マニュアル化)したことにより委託化を可能にした。また業務委託に伴い社員はリソースが確保されコア業務に集中。体制最適化を推進することが可能となった。

■委託化までのステップ
①業務可視化
②業務委託範囲検討
③SV・設計担当による業務巻取り
④業務設計
⑤採用・研修
⑥委託開始

無料のお問い合わせ、お見積もり、資料請求はこちらから

WEBでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
0120-777-50010:00 ~ 18:00 土日祝日除く