ニュース&トピックス

3つの視点で顧客満足度向上の課題を診断する
『Triple-eye』のサービス提供を開始

2007.11.15

株式会社 テレマーケティング ジャパン(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役社長 兼 CEO:宮澤孝夫、以下、TMJ)は、「お客様の視点」「競合比較の視点」「第3者による自社評価の視点」という3つの視点を組み合わせて、顧客満足度向上における課題を分析し、マーケティング戦略や、商品・サービスの改善などにつなげる新たなサービス『Triple-eye(トリプルアイ)』の提供を、 2007年11月より開始いたします。

『Triple-eye(トリプルアイ)』サービス提供の経緯

“顧客満足度向上”を経営方針に掲げる企業が増えている昨今、顧客接点の最前線であるコールセンターには、日々たくさんの「顧客の声(VOC:Voice of Customer)」が集まってきており、企業はこのVOCを自社のマーケティング戦略立案、商品・サービスの改善に活かし、顧客満足度の向上につなげたいと考えています。しかし、顧客の声(VOC)には、一般的なものから個人的なものまで多種多様な声が含まれており、本当の意味で顧客満足に繋げるためには、顧客の声(VOC)の分析のみに留まらず、競合企業や市場全体の動向、自社のオペレーション上の課題等を多面的に把握し、分析する必要があります。

『Triple-eye(トリプルアイ)』の特長 3つの視点で顧客満足度向上に繋がる課題を抽出・分析

TMJが提供する『Triple-eye(トリプルアイ)』は、クライアント企業の抱える顧客接点、商品、サービス等における課題を、お客様視点(Customer)、競合比較の視点(Competitor)、第3者による自社評価の視点(Company)という3つの視点で、定量的に調査・分析します。さらに、レポートに際しては、コールセンターで働くオペレータやSVへのヒアリングを行い、現場社員の声(VOE:Voice of Employee)という定性的な視点も加えて報告を行います。これにより、テキストマイニングやミステリーコールなどの単一施策に比べて、本当に解決しなければならない課題はどこにあるのか、優先順位をどうするのか、どうすれば顧客満足度向上に繋がるのかといった、より具体的な報告・提案をすることが可能になりました。

『Triple-eye(トリプルアイ)』サービスメニュー例 ※ 上記サービスメニューから、クライアント企業の課題に合わせた調査サービスを組み合わせて提供します。

お問い合わせ先

営業本部 営業支援部 広告宣伝課
TEL:03-6758-2016
FAX:03-5389-5843