ニュース&トピックス

中国子会社VCSの事業拠点の移転・拡大について

2009.11.05

株式会社 テレマーケティング ジャパン(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役社長:林 純一、以下、TMJ)の、中国(上海)現地子会社である、益峰客戸関係管理(上海)有限公司(英語名:Value Communication Services (Shanghai), Inc. 以下、VCS)では、業容拡大に伴って本社を現在の徐匯区から宝山区に移転し、2010年2月より業務を開始することになりました。
また、VCSがノウハウを提供し、運営を支援しているパートナー企業についても、現在は2拠点で運営しているコールセンターを統合し、中国国内で外資系企業が運営に携わる中では最大規模の約1,300ブースを擁する新たなコールセンターをVCSと同じ施設内に開設し、2月より運営を開始することになりましたので、お知らせいたします。

中国(上海)におけるVCSの活動概要

VCSは、2002年にTMJの100%出資中国現地法人として設立され、CRMコンサルティング、コールセンターコンサルティング、市場調査、営業仲介等を中心に事業を展開しています。また、現地パートナー企業の運営するコールセンターに対して、日本でTMJが培ってきたコールセンター運営のノウハウやマネジメント手法などを提供し、上海に2つのコールセンター(約600ブース)を運営する規模まで育ててきました。
 今年8月には、中国サービス貿易協会(商務省所属)と、中国情報協会(工業・情報化省所属)が主催する表彰制度において、中国のコールセンター産業のレベルアップや振興に貢献してきたことが認められ、2009年度の『中国最優秀アウトソーシングカンパニー賞』ならびに、『中国カスタマーサービス特別貢献大賞』に、外資系企業として初めて、かつ、唯一選出されました。また、過去にも、事業運営の実績を高く評価され、『2008年 中国最優秀アウトソーシングコールセンター賞(テレセールス分野)』や、雇用促進・人材育成に関する特別貢献賞(2007年、2008年)など、数多くの賞を受賞しています。

事業拠点移転・拡大の背景

2002年の設立以来、中国に進出した日本企業を中心に、数多くのクライアント企業の顧客接点を担い、営業サポートをおこなう中で、VCSが持つ高い人材育成ノウハウ、高品質のサービスを実現し、確実に成果をあげるマネジメントシステムなどが評価され、順調に業績を伸ばしてきました。その結果、既存のコールセンターのキャパシティを超える量の業務委託をいただけるようになり、これを機に、現在は3拠点に分かれているVCS本社、第一コールセンター(約250ブース)、第二コールセンター(約350ブース)を統合し、クライアント企業の高いレベルのご要望に応えられる環境を整備することになったものです。

  • ▼移転先ビル外観
  • ▼オペレーションブース完成図

移転・拡大の詳細

■目的
・VCS本社とコールセンター拠点の統合による業務効率化促進
・コールセンターのキャパシティ拡張
・職場環境改善

■移転先
・住所:上海市宝山区真华路1781号
・最寄駅:地下鉄7号線行知路駅より徒歩15分 ※送迎用シャトルバス2台完備
・規模:地上5F建(5,600平米)、最大1,300ブース
・設備:専用社員食堂、休憩室、各種娯楽設備
・業務開始時期:2010年2月(予定)

お問い合わせ先

営業本部 営業支援部 広告宣伝課
Email:pr@tmj.jp
TEL:03-6758-2016
FAX:03-5389-5843