ニュース&トピックス

京セラコミュニケーションシステムが、
テレマーケティング ジャパンのクラウド環境と
社内環境のID一元管理を実現

2010.12.16

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長:小林 元夫 以下KCCS)は、株式会社テレマーケティング ジャパン(以下 TMJ)のグループウェアとメールシステム刷新を支援し、さらにID管理システム『GreenOffice Directory』の導入で、クラウドのメールサービスと社内環境の統合管理を実現しました。

TMJでは多様化する業務形態に柔軟に対応するため、Webブラウザを使って利用できるグループウェアの導入と、メールシステムの再構築を検討していました。特にメールシステムについてはコストを抑え、大容量のメールを利用できるクラウドサービスの導入を検討していました。しかしながら、クラウドのメールサービスを利用するにあたっては、どこからでもアクセスできるというメリットを活かしながら、いかにセキュリティを守るかという課題がありました。また、社内環境との連携において、管理者の運用やユーザの操作が複雑になるという課題もありました。

そこでTMJは、グループウェアとメールシステムの変更という大規模なシステム再構築にあたり、複数の提案の中から、クラウド環境と社内環境とのID連携を容易に実現するID管理システム『GreenOffice Directory』を評価し、KCCSをパートナーとして選定、再構築を行いました。また、併せてグループウェアは『desknet’s*1』、メールシステムは『GmailTM*2』を導入し、社内および携帯電話を含むリモートアクセス環境からセキュアにアクセスできる環境を構築しました。

これにより、社員がグループウェアとメールシステム、そして社内環境を利用するためのID/パスワードが統合され、利便性が大幅に向上しました。また、人材管理システムとIDを連動させることで、社員の入退社による各システムへのメンテナンス作業が自動化され、運用工数が約4割削減されました。

KCCSは今回の構築を約1ヶ月という短期間で行ない、グループウェアは2009年12月より、メールサービスは2010年7月より稼動し、現在では約1,000名のTMJ社員が利用しています。

TMJは、グループウェアとメールシステムの利用機能を拡張し、さらなる活用促進を図って参ります。KCCSは、今後もクラウドをはじめとする最先端のICTを提供し、お客様の経営に貢献するICTパートナーとしてTMJのビジネスの発展に貢献して参ります。

*1 desknet’sとは、株式会社ネオジャパンが開発・販売するイントラネット/インターネットを経由して、利用できるWebグループウェアです。
*2 GmailTMとは、グーグル株式会社が提供を行なうWebメールサービスです。

*『Gmail』、『Google Apps』は、Google Inc.の商標または登録商標です。
*その他製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

システム概要図

京セラコミュニケーションシステム株式会社について

京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、京セラグループの一員として1995年9月に設立。『社会と企業のコミュニケーションを創造する』をテーマにKCCSグループではICT(Information and Communication Technology)関連事業とそれを支える通信インフラ事業、アメーバ経営のコンサルティング事業を行なっています。

お問い合わせ先

株式会社テレマーケティング ジャパン
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル
営業本部 営業支援部 広告宣伝課
Email:pr@tmj.jp
TEL:03-6758-2016

京セラコミュニケーションシステム株式会社
〒108-8605 東京都港区三田3-11-34(センチュリー三田ビル)
広報宣伝部 担当:日沖・小川
Email:webmaster@kccs.co.jp
TEL:03-5765-1503(直通)