ニュース&トピックス

中国子会社のVCSがunbotとアライアンス契約を締結

コールセンター運営とEC店舗運営の両社の強みを活かし、中国EC市場開拓を強化

2017.12.13

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うセコムグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下、TMJ)の中国現地子会社である益峰客戸関係管理(上海)有限公司(英語名:Value Communication Services (Shanghai), Inc. 以下、VCS)は、中国国内EC店舗運営サービスを展開する株式会社unbot(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中町 秀慶、以下、unbot)とのアライアンス契約を2017年12月8日に結びました。

■アライアンスの背景と狙い

中国のEC市場規模が拡大する中、EC事業成功のポイントは、戦略的なEC店舗運営(サイト構築、カスタマーサポート、プロモーションによる集客など)と言われています。

VCSは、2002年の設立以来、コールセンター事業を通じたカスタマーケアやセールスサポートにより、日系企業や外資系企業の中国事業展開に貢献、実績を積み上げてきました。日本で培ったコンタクトセンター運営や人材育成ノウハウを活かした日本品質のサービスは、中国国内で高い評価を受けています。
unbotは、未だに成長を続ける中国EC市場において、ECとSNSの連携によるデジタルマーケティングによる出店および運営・プロモーションサポートのサービスを提供しています。中国現地法人との連携により、スピード感を持ちながら、きめ細かな運用を可能とすることで、多くのEC店舗運営をサポートしてきました。
中国市場で長年培ってきたカスタマーサポートのノウハウを持つVCSとEC店舗運営とデジタルマーケティングの強みを持つunbotがお互いの事業を補完し合うことで、クライアントのEC事業展開を成功へと導きます。

今回の契約締結により、相互案件の共有による営業活動の強化、共同提案による包括的なサービス提供を展開し、中国および日本における取引先と業績の拡大を目指します。なお中国国内においては、unbotの中国現地子会社、糖猴子网络科技(上海)有限公司(英語名:SugarMonkey Limited.)をビジネスパートナーとしてEC事業の展開を図ります。

■連携スキームと期待効果

■unbotについて

会社名 :株式会社unbot
設立  :2014年11月
所在地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷4-21-7
代表者 :代表取締役社長 中町 秀慶
事業内容:・EC店舗運営サービス(越境EC店舗運営、中国・台湾国内EC店舗運営)
     ・デジタルマーケティング事業(訪日中国人・台湾人向けインバウンドサービス、
      ソーシャルメディア運営、口コミマーケティングサービス)
子会社 :※上海のほか、香港と台湾にも子会社有り
【上海子会社】
社名  :糖猴子网络科技(上海)有限公司(SugarMonkey Limited.)
設立  :2012年8月
所在地 :上海市镇宁路465弄161号愚园里6号楼2楼
代表者 :代表取締役社長 中町 秀慶

■VCSについて

会社名 :益峰客戸関係管理(上海)有限公司
     (Value Communication Services (Shanghai), Inc.)
設立  :2002年7月
所在地 :上海市宝山区真華路1781号
代表者 :董事長 兼 総経理 張 国良
資本金 :465万米ドル
事業内容:CRMコンサルティング、市場調査、営業仲介、EC事業

お問い合わせ先

事業基盤本部 事業企画部 広報・宣伝室  泉・小島
Email:pr@tmj.jp
TEL:03-6758-2016
FAX:03-5389-5843