ニュース&トピックス

テキスト自動分類BPOサービス「i.C.text」の販売を開始

AIを活用した高速・高精度の分析・チェックを実現
人の目利きに依存せず、大量のテキストデータを自動分類!

2018.08.31

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うセコムグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下、TMJ)は、AIを活用したテキスト自動分類BPOサービス「i.C.text(アイシーテキスト)」の販売を2018年9月中旬より開始します。

本サービスは、これまで人が判断して行ってきた大量のテキストデータ分類を、AIで自動分類することでデータ分析の高速化を実現。データ活用をより身近な存在とすることで、企業競争力の向上に寄与します。具体的にはコールセンターへ集まる顧客の声(VOC:Voice of Customer)やSNSなどのWeb投稿の監視や分析データの活用、応募者データ分析による採用領域での人事戦略など、幅広い活用ニーズに応えます。

■開発の背景

コールセンター業界では、日々多くの顧客接点の中で生まれる音声データのテキスト化技術が既に広く利用されています。しかし、大量のテキストデータから的確かつ必要な情報を抽出・チェックするには、経験を積んだスタッフの高度な目利きが求められるとともにデータ処理・分析を高頻度で実施する必要があります。このように企業戦略策定や他業務への展開などをするには高いハードルがある中、TMJでは機械学習でテキスト分類の精度を高める検証を2016年より実施。以後、コールセンターでのVOC分析による戦略策定への活用や、大量文章の校閲業務の受託など、多くの実務経験を積んできました。この度その効果と幅広い業界への展開が可能であると判断し、本格的なサービス化をすることとなりました。

■サービスの特長

TMJでは、事業運営で培ったVOCの分析・活用のノウハウや、AI導入のコンサルティング経験をもとに、大量のテキストデータをAIで分類するサービスを提供します。豊富な経験を持つアナリストがデータの前処理や設定、結果の加工などをサポートし、得られた分析結果を事業活動へ活かす体制を高次元で実現していきます。また、「費用対効果」への不安課題を感じているクライアントの声を踏まえ、テスト的に効果検証が可能なサービスラインアップを、今回ご用意しました。

主な特長
①業務の効率化・・・テキストを「読む・判断する・分類する」作業をAIにより自動化
②生産性向上 ・・・有人では不可能な大量のデータを正確に処理
③納期短縮  ・・・自動化により、スピードアップを実現
④コスト削減 ・・・全ての作業工程を有人で対応するよりも安価
⑤均一な品質 ・・・AIにより、人による判断のブレを排除し、品質を均一に保つことが可能
⑥柔軟な対応 ・・・有人対応を組み込むことで、例外的・突発的な処理にも対応

■サービスラインアップ

「i.C.text PoC」と「i.C.text BPO」の2つのサービスをラインアップ。はじめに「i.C.text PoC」で費用対効果が検証できるので安心して導入検討できます。

■今後の展開

今後もTMJはAIを活用したテキスト自動分類をはじめ、注目される最新技術/概念を活かしたサービスの開発・提供をし、企業の競争力と生産性向上に寄与してまいります。

■関連サービス:
AI導入支援サービス

お問い合わせ先

事業変革本部 事業企画部 広報・宣伝室  泉・小島
Email:pr@tmj.jp
TEL:03-6758-2016
FAX:03-5389-5843