間接分野ソリューション

ベネッセグループのシェアードサービス運用実績を強みとした
間接分野におけるBPO活用をご提案

今後加速する労働人口減少や、ドラスティックな再構築を行うグローバル企業との競争に向き合う必要がある中、BPO活用の有効性がより高まっています。自社のリソースをより高い競争力のある部門や業務に集中するため、ベネッセグループのシェアードサービス運用実績を強みとした、間接分野におけるBPO活用をご提案します。

業務を可視化しムダを省き業務を簡素化する

ベネッセグループ各社にある総務、人事、IT窓口などの業務集約し、シェアードサービスという形で従来より低コスト高品質な業務を提供します。

業務可視化・改善サービス
業務の「一覧」と業務の「量」を見える化し、全体最適化につながるBPOを提案します。

詳細はこちら

より品質の高い状態に改善する

定量的な業務管理、蓄積されたノウハウやIE手法の活用により、業務品質の安定・効率化を推進し、再現性のある業務改善を継続的に行います。

蓄積された改善実績
製造業で実績のある「QCサークル活動」を応用した「小さな改善」活動にTMJ全社で取り組んでいます。

TMJの強み 「小さな改善」活動

  • 間接分野の
    コスト削減

  • 高い専門性による
    業務品質の向上

  • コア業務、部門へのリソース
    集中による生産性の向上

  • 総務サービス業務

    • 入退社のオリエンテーション
    • 設備・備品の管理
    • 金券の管理・運用 など
  • IT窓口業務

    • PC・電話などのデバイス管理
    • ユーザーサポート窓口
    • MACサポート窓口
    • 現地の修理・設定対応 など
  • 人事サービス業務

    • 契約・稼動管理
    • 各種申請・手続き対応
    • 派遣/非典型サポートデスク など

他の導入事例を見る

無料のお問い合わせ、お見積もり、資料請求はこちらから

WEBでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
0120-777-50010:00 ~ 18:00 土日祝日除く