等級制度:自己のキャリア開発と専門性の確立

職務等級制度により、定期的な職務のローテーションや異動を実施し、計画的なキャリア開発を実施するとともに社員個々人にとっても最適なポジションを実現します。また、自己申告(後述参照)など、社員一人ひとりの希望によるキャリアやキャリアパスの選択を支援する仕組みもあります。

評価制度:人材の長期育成

目標管理制度の成果指標として、組織や人材の信頼や安定に関する項目を掲げ、全員が自己の能力開発または部下や後輩の育成に取り組む仕組みとなっています。また、毎年の評価でスキルの棚卸を実施することにより今後取り組むべき職務や課題に必要な知識を明確化し、中長期的な育成計画を実施していきます。

報酬制度:成果貢献への適正なリターン

報酬制度は基本給と賞与で構成されます。基本給は職務の難易度や役割に応じて決定する「職務給制度」となっています。「仕事を通じて成長する」をコンセプトに長期的な昇給システムにより長期育成を促進します。

毎年1回、各部門から次期の事業計画について社内発表を行い、事業計画を達成するために必要な人材について社内募集を行います。
社員はこの社内募集の内容を踏まえて、自分自身の望む業務内容や将来のキャリアを検討し、チャレンジしたい業務があれば、「自己申告書」にその旨を記述して人事部門に提出します。
人事部門、異動希望先部門の責任者による書類選考や、過去の成果を勘案、必要に応じて面接を実施して異動の可否が決定します。

TMJでは全社施策に対する取り組みの推進、各部門の目標達成意欲の促進、成功事例の共有、成果をあげた個人・チーム・部門の労をねぎらうことを目的に「表彰制度」を実施しています。

目的

ES(従業員満足度)の向上

方針

  • 成果を上げた個人・部門・チームをたたえる
  • 受賞者のノウハウ、プロセス、成功事例を全社で共有する
  • 全社模範となる行動や仕事のやり方を奨励する

評価対象期間

1年間の活動を評価

全社表彰項目

社長賞
年度最高の個人を表彰する
最優秀チーム賞
年度最高のチームを表彰する
優秀賞
年度、次点の個人とチームを表彰する
最優秀SV賞
年度最高のSVを表彰する
ベストES賞
ES調査の結果で総合満足度が1位となったチーム(組織)を表彰する
ES向上施策賞
ES向上に目ざましい成果を上げたチーム(組織)を表彰する
  • 表彰内容については、年度によって変更する場合があります。

TMJはベネッセグループの各福利厚生機関に加入しており、いざという時の支援体制はもちろんのこと、スポーツクラブや宿泊施設の割引制度など充実したプログラムを利用することができます。

  • ベネッセグループ共済会
  • 育児介護支援制度
  • 退職金制度
  • ベネッセコーポレーション従業員持株会
  • 進研ゼミ割引受講制度
  • 上記は正社員に適用されます。契約社員・アルバイト社員は一部の適用となります。