ニュース&トピックス

高齢者とのコミュニケーションの質を高める
『VOICE+ 技術搭載スピーカー』販売開始

~窓口対応時の「聴こえ」をサポートすることで顧客接点の充実と効率化を実現~

2018.07.06

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うセコムグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下、TMJ)は、高齢者との対面コミュニケーションの質を高める製品として『VOICE+ 技術搭載スピーカー』を2018年7月6日より販売開始します。『VOICE+ 技術搭載スピーカー』は、オーディオ・ビジュアル機器、LED照明機器、情報関連機器の企画・開発・設計・製造・販売、EMS事業を行うオリオン電機株式会社(本社:福井県越前市、代表取締役社長:三浦 淳、以下、オリオン電機)が開発した高齢者コミュニケーションサポート技術VOICE+(ボイスプラス)を取り入れた専用スピーカーです。今回、オリオン電機と販売店契約を締結し、金融機関やサービス業界など窓口業務を行う様々な企業へ幅広く販売を行います。

TMJがこれまでに培ってきた高齢者対応の知見を活かし、電話対応に留まらずその先にある窓口対応による直接のコミュニケーションまでサポートすることで顧客接点の充実と効率化を実現します。

■顧客接点の一つである「対面」でのコミュニケーションに着目

昨今、あらゆるチャネルの普及により企業と顧客の接点が多様化する中、顧客の満足度向上に繋がる付加価値を提供することが企業に求められています。コンタクトセンター業界では、顧客が製品やサービスを購入する一連のプロセス接点においてAIを活用するなど新たな価値を創出してきました。
TMJでは、日本の超高齢社会において業界に先駆けて研究開発を進めてきた高齢者対応の強みを活かし、顧客接点の一つである「対面」でのコミュニケーションにも着目。コールセンターにおける電話応対で培った高齢者応対の知見を、顧客との直接の「対面」コミュニケーションにまで応用します。

■高齢者の「聴こえ」を直接サポートすることで、高齢者コミュニケーションをトータルでサポート

TMJは、高齢者とのコミュニケーションの質を高める『VOICE+』の販売により、電話対応から窓口対応までサポート領域を拡げ、対応者と高齢者とのコミュニケーションの質の向上を図ってまいります。
これまでTMJは、2011年、東京大学の産学ネットワーク「ジェロントロジー(老年学)」に参画し、高齢者の特性(加齢による変化)を踏まえた研究を推進、「応対方法」、「人材育成」、「品質管理方法」などに活用し、コンタクトセンターや窓口における高齢のお客様の応対品質向上を図るべく、高齢者応対に特化した研修パッケージを販売してきました。今回は、そのパッケージに加え、高齢者の「聴こえ」を直接サポートする製品を追加し、高齢のお客様の満足度向上と対応工数の削減に寄与するサービスを開始します。

対面窓口での高齢者応対力を高める研修パッケージとして提供。下記の研修プログラムを組み合わせることで、クライアントニーズに対応します。
・高齢者との円滑なコミュニケーション(老人性難聴理解)研修
・高齢者(シニア)応対スキル研修
・「高齢者応対研修」eラーニングサービス

■オリオン電機概要

会社名 :オリオン電機株式会社
設立  :1958年3月
所在地 :福井県越前市家久町41-1
代表者 :代表取締役社長 三浦 淳
事業内容:オーディオ・ビジュアル機器、LED照明機器、情報関連機器の企画・開発・設計・製造・販売・貿易EMS事業


■サービスの詳細:
高齢者コミュニケーションサポートツール「VOICE+」
高齢者コミュニケーション・応対研修パッケージ

お問い合わせ先

事業変革本部 事業企画部 広報・宣伝室  泉・小島
Email:pr@tmj.jp
TEL:03-6758-2016
FAX:03-5389-5843