menu

オフショア 日本語コンタクトセンター


海外拠点の活用により、国内での運営と比較して大幅なコスト削減が可能に

海外グループ会社TMJP BPO Servicesでの日本語コンタクトセンター運営

日・英バイリンガルのフィリピン人オペレーターにより、多様なチャネル(電話・メール・チャットなど)のお問い合わせ対応を実現できます。また物価水準が安価なフィリピンでオペレーションを行うことで、人件費の大幅削減を実現します。

コンタクトセンター関係者からお聞きするお悩み

  • オペレーターの人件費が高騰しており、運営コストが右肩上がりに。
  • 離職が多く、採用・育成に掛かる時間とコストが膨大に掛かる。
  • 募集をかけても、必要な人数が集まらない。

海外グループ会社の力で、お客様のお悩みを解決します!

オフショア 日本語コンタクトセンターの特徴

フィリピンで運用するローコストコンタクトセンター

TMJの100%子会社のTMJPがサービス提供をしています。長年コンタクトセンター業界で培ったTMJのノウハウと、TMJPの現地での運営経験を融合させ要件に適した業務設計を行い、求められる品質にお応えします。また、国内運営と比較し20%のコストダウン(※1)も可能で、安価な運営が可能となります。

※1 国内運営費と比較し20%のコストダウン:業務条件により、コストダウンの比率は変化します

採用時の合格率は3%!優秀な人材をアサイン

高品質な人材を確保するため、厳しい採用基準の元、採用時には技能試験や適用能力テスト・面談を行い、業務毎に異なる要件に適した優秀な人材のみを採用します。この難関を突破できる合格率は平均して3%となります。

人材育成やモチベーション向上策を実施

品質やスキルの向上を目的に12種類の研修プログラムを開発し、積極的に人材育成にも力を入れています。また離職を防止し、長期就労の実現を目的に定期的な会社主催のイベントやチームミーティングを実施し従業員の士気アップにも積極的に取り組んでいます。

日本と同等のセキュリティー環境下で業務を運営

TMJP BPO Servicesでは、情報セキュリティを強化・確保することを最重要経営課題と位置付け、2017年1月に、ISO27001の認証を取得しました。

今後も、ISMSセキュリティ活動を通じて、TMJグループ一体で情報セキュリティの維持と継続的な改善を行い、クライアント企業に安心して活用いただける体制整備を進めてまいります。

※ISO27001とは、情報セキュリティマネジメントシステムを構築・運用し、継続的に改善するための規格

日本語オペレーションに係わる現地スタッフ紹介

コールセンター立ち上げ担当 L

BPO Supervisor担当 B

オフショア コンタクトセンターの活用シーン

社内ヘルプデスク

  • システム関連の問合せ対応
  • 人事、総務関連業務の問合せ対応

取引先へのサポート窓口

  • 商品およびサービスの問合せ対応
  • 取引先への各種確認対応

カスタマーサポートの窓口

  • 商品およびサービスの問合せ対応
  • 予約受付け、キャンセル、照会対応

対応チャネル

  • 電話やeメール・チャット(テキストコミュニケーション)の対応

オフショア 日本語コンタクトセンターのお問い合わせ

オフショア 日本語コンタクトセンターに関するお問い合わせ、お見積もり、資料請求はこちらから。

お電話でのお問い合わせ

03-5389-5894

10:00 ~ 18:00 (土日祝日除く)

totop