menu

多言語コンタクトセンター

電話・メール・チャットなどによる多言語対応

TMJの応対品質と改善ノウハウを活かし
外国語対応窓口の円滑なコミュニケーションを実現します。

フィリピンおよび中国にBPO中核拠点を構え、日本語・英語・中国語・韓国語の4か国語に対応した
コールセンターサービスを提供しています。電話、メール、チャットなど多様なチャネルを用いた多言語対応が提供可能です。
企業ニーズの高い言語を中心に、スキル人材による高品質な応対を実施し、お客様との円滑なコミュニケーションを実現します。

多言語コンタクトセンターの特長

グループ連携による4か国語対応コンタクトセンター

BPOセンターを展開するTMJの100%出資子会社 TMJP BPO Service,Inc(フィリピン・マニラ)および益峰客戸関係管理(上海)有限公司(中国・上海)と連携し、コールセンターおよびBPOサービスを提供しています。

日本語

英語

中国語

韓国語

高品質を担保する、万全の教育体制

日本でも外部から高い評価をいただいているTMJの改善活動をグループ子会社でも展開し、運営品質を高めています。現地には、日本で数々のBPOセンターの立ち上げ・運営をしてきたスペシャリストが赴任し、直接、オペレーションを指揮しながら人材育成を行い、TMJの改善文化を根づかせています。

ハイスキル人材の安定的な確保

高度なITスキルを備えた人材や、専門性を備え高難度の業務をこなせる優秀な人材を安定的に確保するシステムを構築し、クライアント企業のニーズに対応する体制を整えています。

多言語コンタクトセンターの導入効果

01

高品質かつローコストでのコンタクトセンター運用

02

メールサポート、エントリー業務のマルチリンガル対応

03

事務業務の複数拠点化、グローバル対応

多言語コンタクトセンターの活用シーン

カスタマーサポート窓口
予約受付デスク
アウトバウンドセールス
データ入力(日本語・英語・中国語・韓国語)

多言語コンタクトセンターのお問い合わせ

多言語コンタクトセンターに関するお問い合わせ、お見積もり、資料請求はこちらから。

お電話でのお問い合わせ

03-5389-5894

10:00 ~ 18:00 (土日祝日除く)

totop