menu

ビジュアルIVR「みえなび」

スマートフォンからのお問い合わせを「見えるメニュー」で最適な回答チャネルへ

ビジュアル化したメニューで、
お問い合わせ先へ分かりやすくご案内

ビジュアルIVR「みえなび」とは、電話をかけたユーザーのスマートフォンの画面上に音声自動応答システム(IVR)の音声ガイダンスをビジュアル化して表示するサービスです。ユーザーは、問い合わせの接続待ちや営業時間の影響を受けるなどのストレスなく問題解決を行えます。

ビジュアルIVR「みえなび」の特長

「見えるメニュー」でお客様側のわかりやすさが向上

メール、チャット、FAQなどのお問い合わせチャネルをビジュアルで表現。
「見えるメニュー」で最適な回答チャネルに素早く誘導します。
すでにお持ちのチャネルやメニューへの連携も可能で、お客様の利便性向上とコールセンターのコスト削減を実現します。

 

ビジュアルIVR「みえなび」の画面イメージ

お客様をストレスなく問い合わせ窓口へと誘導

従来のIVRでは音声ガイダンスを聞く時間が必要でしたが、メニューボタンのタップで回答窓口にアクセスできます。
SMSでビジュアルIVRのURLを送信し、ユーザーはURLタップで、メニュー画面が表示されます。
導入企業にとっては、お客様の自己解決につながり入電が削減できるほか、お客様にお待ちいただくストレスなく誘導できるため、顧客満足向上につながります。

 

STEP 1

電話でのお問い合わせ

ビジュアルIVR利用ステップ1

お客様がお問い合わせ先の電話番号へ電話をかけます。

STEP 2

ビジュアルIVRを表示

ビジュアルIVR利用ステップ2

SMSでURLを送信し、ビジュアルIVRの画面を表示します。

STEP 3

解決チャネルへ誘導

ビジュアルIVR利用ステップ3

チャットやFAQなど、各種情報の閲覧や各チャネルへの遷移に誘導します。

デザインやテキストが簡単に変更できる

「みえなび」の画面は、CMS(コンテンツマネジメントシステム)を採用しています。
ご利用企業のご担当者様ご自身で、デザインやテキストを簡単に変更することができます。

* IVR(Interactive Voice Response):音声自動応答システムのこと。コールセンターなどに顧客から入電があった際、事前に用意された音声によって顧客の問い合わせ内容に応じて着信を振り分けたり、個人情報と紐づけた手続きを進めたりすることができる。

ビジュアルIVR「みえなび」の導入効果

01

自己解決チャネルへの誘導による入電削減・コスト最適化 ユーザー自らのペースでメニューを選択・操作して自己解決できるため、オペレータの応対時間の短縮や負荷軽減につながるなど、入電にかかるコストを削減することが可能です。

02

時間外の問い合わせや待ち呼による機会損失の解消 FAQやチャットボットへの誘導することで、24時間365日これまで対応できなかったお問い合わせをカバーや、電話オペレータへの接続待ちによる機会損失を解消することができます。

03

チャネルのビジュアル化によるお客様の利便性の向上 スマートフォン上で問い合わせチャネルをビジュアル表現することで、ユーザーが直感的に操作することが可能です。電話の音声ガイダンス(IVR)によるユーザーの待ち時間も短縮されます。

ビジュアルIVR「みえなび」の活用シーン

MNO事業者:利用状況の確認、サービスの申し込み/停止手続き、簡易な問い合わせのセルフサービス対応
金融機関:IVRメニューの可視化によるお客様の利便性の向上、顧客満足度の向上
クレジットカード会社:請求金額照会、利用明細照会などのお問い合わせのWeb誘導
保険会社:各種お手続きやチャットによる問い合わせのご案内など、お客様の利便性の向上、顧客満足度の向上
化粧品メーカー:会員情報管理、各種照会などマイページお問い合わせメニューのWeb誘導と自己解決の促進
運送業:集荷、再配達のお申し込み、配達日時、場所の変更などのお問い合わせ対応

ビジュアルIVR「みえなび」のお問い合わせ

ビジュアルIVR「みえなび」に関するお問い合わせ、お見積もり、資料請求はこちらから。

お電話でのお問い合わせ

03-5389-5894

10:00 ~ 18:00 (土日祝日除く)

totop