ニュース&トピックス

AI活用強化に向け、IBM Watsonエコシステムプログラムに参画

「日本語版Watson」を提供するソフトバンク株式会社と契約締結

2016.09.08

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うベネッセグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下、TMJ)は、「日本語版Watson」を提供するソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)とエコシステムプログラム契約を締結しました。コールセンターにおける人工知能(以下、AI)活用の強化に向け、研究開発を加速させます。

コールセンター業務への活用に向け、研究開発が進むIBM Watson

IBM Watson(以下、Watson)は、自然言語処理と機械学習を使用して、大量のデータから回答候補を抽出認知(コグニティブ)するテクノロジーです。コールセンター業務においては、顧客とオペレータの会話から最適な回答を即座に提示するなど、オペレータ支援での活用が期待され、既に大手銀行などのコールセンターでWatsonの導入・研究開発が進んでいます。
エコシステムプログラム契約の締結は、日本語版Watsonを活用した付加価値サービスの開発および顧客への提供を目的としています。

AI技術の研究とコールセンターにおける活用

昨今、ビッグデータやAIの利用が進む中、TMJでもコールセンターへの活用を目的に、AI技術の研究を進めてきました。エコシステムプログラム契約の締結によりAI技術活用に向けた研究開発を更に強化し、2016年度中にAI技術を用いたサービスの提供を目指します。オペレータの負荷軽減、ユーザー利便性の向上など、コールセンター運営にAI活用が欠かせない近未来を見据え、研究開発を推進していきます。

お問い合わせ先

営業本部 営業支援部 広告宣伝課 広報チーム 泉
Email:pr@tmj.jp
TEL:03-6758-2016
FAX:03-5389-5843