menu

ニュース

「コンタクトセンター・アワード2014 オペレーション部門賞」を受賞

2014/10/02 受賞

このたび、株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:林 純一、以下、TMJ)は、コンタクトセンターを運営する企業が取り組んだ活動と成果を発表し、コンタクトセンターの相互研鑽と地位向上を趣旨とした表彰制度「コンタクトセンター・アワード2014」において、オペレーション部門賞を受賞しました。

「コンタクトセンター・アワード2014 オペレーション部門賞」受賞概要

活動テーマ:ローパフォーマーはもういない!
〜IE手法によるプロセス改善で業務処理効率向上を実現〜

活動内容 :オペレーターを分類し、IE手法(=Industrial Engineering 工程を細分化し、それぞれを改善する方法)で、作業ごとの時間を測定し、苦手分野を特定。苦手分野をピンポイントで指導することにより、オペレーターのパフォーマンスを向上させた。

受賞理由 :製造やシステムの生産管理の効率改善などに主に用いられるIE手法をサービスプロセスに適用した視点が新鮮であり、アウトソーサーのみならずインハウスセンターの業務プロセス改善にも応用できる内容であった(審査員コメントより抜粋)

「コンタクトセンター・アワード」とは?

コンタクトセンター・アワードは、コンタクトセンターの現場における業務改善の取り組みを相互に称えあい、知識・経験を共有すること、さらには、受賞社資料の閲覧、ワークショップや交流会での発表と意見交換、申請内容の発表会、最終審査会、懇親会などの場を通じて、より実際に即した活動を知ることを目的に開催されています。

主催:株式会社リックテレコム コンピューターテレフォニー編集部
共催:イー・パートナーズ有限会社
後援:JBMコンサルタント

本件に関するお問い合わせ

事業変革本部 事業企画部 広報・宣伝室 泉・小島
Email:pr@tmj.jp TEL:03-6758-2016 FAX:03-5389-5843

totop