menu

ニュース

中国子会社のVCSが RPAプラットフォームの
導入・運用ソリューションサービスを提供開始

~鵬鰲企業管理諮詢(上海)有限公司とリセラー契約を締結~

2019/06/27 お知らせ海外ニュース関連

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うセコムグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下、TMJ)の中国現地子会社である益峰客戸関係管理(上海)有限公司(英語名:Value Communication Services (Shanghai), Inc. 本社:上海市宝山区、総経理:檜垣 晋一郎 以下、VCS)は、中国国内にてRPA(robotic process automation)の総合コンサルティング・ソリューションを提供する鵬鰲企業管理諮詢(上海)有限公司(本社:上海市宝山区、総経理:李海倫、以下、鵬鰲)とリセラー(販売代理店)契約を2019年6月27日に締結しました。この契約締結により、VCSは中国国内におけるRPAの導入・運用ソリューションサービスの提供を開始、今後の強化を図ります。

締結の背景

近年、中国においても、単純な定型業務を自動化・効率化し、労働生産性の向上や従業員の高付加価値業務へのシフトする動きが加速しています。今後、RPA市場はますます伸びていくことが予想される中、VCSは鵬鰲とのリセラー契約により、RPAの提供体制を強化していくこととなりました。
旺盛な企業ニーズに合わせ、新規クライアントへの提案・提供を推進することはもちろん、大手企業を中心とした既存クライアントへの提供を通じて、VCSはクライアントの事業貢献にさらに寄与していくことを目指します。

【鵬鰲の特長】

鵬鰲は中国において、独自に「ホワイトカラーロボット」を提唱し、単なるRPAだけではなく、ホワイトカラーの仕事そのものの代替に向け、RPAツールの導入はもちろん、オリジナル製品やスマートハードウェアまで、業務自動化に向けたトータルソリューションを提供しています。同社の特長は、導入を検討している企業のビジョンやポリシーなどを深く理解し、そのうえで企業に最適した業務オペレーション構築、自動化ソリューション導入、運用改善を行うことがあげられます。単純に自動化ソリューションを提供するだけではなく、導入後の定着・活用で企業変革を支える姿勢が高く評価され、中国において多数の導入実績を誇ります。

戦略策定をベースに、RPA活用を包括的にサポートし、成果を最大化する

鵬鰲について

会社名 :鵬鰲企業管理諮詢(上海)有限公司
設立  :2017年
所在地 :上海市宝山区長江西路2311号
代表者 :総経理 李海倫
事業内容:ホワイトカラーロボット・財務自動化の総合的コンサルティング・ソリューションの提供

VCSについて

会社名 :益峰客戸関係管理(上海)有限公司
(Value Communication Services (Shanghai), Inc.)
設立  :2002年
所在地 :上海市宝山区真華路1781号
代表者 :董事長 兼 総経理 檜垣晋一郎
事業内容:CRMコンサルティング、市場調査、営業仲介、EC事業

本件に関するお問い合わせ

経営本部 経営企画部 広報チーム 泉・小島
Email:pr@tmj.jp TEL:03-6758-2016 FAX:03-5389-5843

totop