ニュース&トピックス

中国(上海)子会社が株式会社資生堂の中国における
ネット通販事業のコールセンターサービスを提供

2011.09.15

株式会社 テレマーケティング ジャパン(東京都新宿区西新宿、代表取締役社長:林 純一、以下、TMJ)の、中国(上海)現地子会社である、益峰客戸関係管理(上海)有限公司(英語名:Value Communication Services (Shanghai), Inc. 以下、VCS)は、株式会社資生堂(以下、資生堂)が、100%出資の持ち株会社である資生堂(中国)投資有限公司を通じて新たに開始する中国におけるネット通販事業のコールセンター運営業務を受託し、9月15日よりサービス提供を開始することになりましたので、お知らせいたします。

提供サービスの概要と特長

中国国内で資生堂のネット通販を利用する顧客に対する、電話やチャットなど複数のチャネルを活用した顧客サポート業務、ならびに、バックオフィス業務を行います。

今回の資生堂へのサービス提供においては、店頭での接客と同様の高いレベルの接客を行うコンシェルジュ機能を備えていることが、最大の特長となります。資生堂のトレーニングを受けたVCSの専門チームが、顧客一人ひとりに合わせたアドバイスやご提案など、資生堂のニーズに最大限対応したコールセンター運営を行っていきます。 

VCSでは、中国で事業を展開する日系企業を中心に数多くの業務実績があり、今回の資生堂業務と同様のコンシェルジュ機能を備えたコールセンター運営の実績も有しています。応対品質、ホスピタリティ、商品知識など、すべてにおいて高いレベルを求められるコンシェルジュの育成においては、これまでVCSが蓄積してきたノウハウを最大限に発揮し、優秀な人材の早期育成を実現してまいります。

また、今回の業務において中国全土向けの物流業務を受託した、丸紅株式会社の子会社である北京外紅国際物流公司とも緊密に連携し、中国における資生堂のネット通販事業の拡大に貢献してまいります。

益峰客戸関係管理(上海)有限公司(VCS)概要

VCSは、2002年にTMJの100%出資中国現地子会社として設立されて以来、CRMコンサルティング、コンタクトセンターコンサルティング、市場調査、営業仲介や、現地パートナー企業の運営するコンタクトセンターへのTMJの運営ノウハウ、マネジメント手法の提供などを行い、上海エリアにおいて確固たる地位を築いてきました。2010年4月には、中国国内で外資系企業が運営に携わるコンタクトセンターとしては最大規模となる1,300席を有する新センターを設立。中国に進出している日系企業ならびに欧米系企業を主なクライアントに、特に富裕層向けカスタマーサービスにおける高付加価値のオペレーションと、中国市場でのシェア拡大を目指す企業向けの、セールスサポートにおける高い成果貢献を特長としています。

・英語名:Value Communication Services (Shanghai), Inc.
・設立:2002年7月
・本社所在地:中国上海市宝山区真華路1781号
・代表者:董事長兼総経理 宋 健名
・株主:株式会社 テレマーケティング ジャパン(100%出資)
・主な事業内容:CRMコンサルティング、コールセンターコンサルティング、市場調査、営業仲介等

お問い合わせ先

営業本部 営業支援部 広告宣伝課
Email:pr@tmj.jp
TEL:03-6758-2016
FAX:03-5389-5843