AI導入支援サービス

業務効率化に向けたAI導入を支援

高度な機械学習アルゴリズムに基づき、最先端の音声認識や自然
言語解析、データマイニング技術を組み合わせて、AI(人工知能)
導入からその後のオペレーションまで総合的に支援いたします。

活用領域

AI(人工知能)とRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。

いずれも業務効率や生産性向上に効果を発揮しますが、その活用領域は異なります。

RPAが作業を自動化するのに対し、AIは判断を自動化します。

AIの活用例

マーケティング

VOCの分類

分類項目とパターンの学習により応対履歴やお客様の声を質問/苦情/変更依頼などに自動分類

顧客リスト抽出

過去の応対履歴と購買結果データから顧客の購買特性を学習させ新商品の購買見込み顧客を抽出

バックオフィス

校閲支援

問題がある文章とない文章を学習させ、チェックが必要な文章だけを抽出。広告文の校閲で活用

不正検知

人工知能がメール内容を監査して問題のあるメールを抽出して通知。情報漏洩や不正を未然に防止

コールセンター

メール支援

問い合わせ内容に応じたメールの自動返信や返信文案の提示によりオペレータの応対業務を軽減

電話回答支援

音声認識技術を活用してお客様の問い合わせ内容に応じた回答候補をPCの画面に表示

導入事例

概要

クレジットカード会社におけるVOC分類

課題

お客様の声(VOC)の活用が社内で重要視されていたが、分類作業が煩雑で人によるバラつきもあり、一定水準を維持した運用が難しい状況にあった

AI活用の観点

  • 過去に蓄積したVOCの判断データを基に機械学習を実施
  • 単なるVOCの分類に留まらず、マーケティングや商品・サービス開発の観点を加えたより細かい分類項目を設定

導入の流れ

  1. STEP
    01

    AIエンジンの設定

    貴社向けに必要項目などの動作設定を行います

  2. STEP
    02

    トレーニングデータ作成

    設定した分類項目で機械学習データを作成します(貴社提供、新規収集、業務実施との並行収集など複数パターンに対応)

  3. STEP
    03

    機械学習

    AIが判断した結果を評価し、 結果精度を高めるためのトレーニングを実施します

  4. STEP
    04

    業務オペレーション

    AIが判断した結果を基に実務を代行します (事務作業やコールセンターの 運用をAIエンジン運用とセットで実施)

お問い合わせ