お電話でのお問い合わせ
03-5389-5894 10:00 ~ 18:00 (土日祝日除く)
menu

継続的顧客管理サポートサービス

マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策(AML対策)に向けた、
お客様の属性確認業務をサポート

アセット 3
アセット 3 CLOSE

お客様の属性確認・お客様情報のメンテナンスをTMJがサポートします!

国際的な対応強化が求められる「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策(AML対策)」。日本でもガイドラインが定められ、金融機関や暗号資産交換業者は対応が求められています。TMJでは、これまでに培ったコンタクトセンター運用実績を活かし、継続的顧客管理の強化に向けたお客様の属性確認・お客様情報のメンテナンスをサポートします。

マネー・ローンダリング及びテロ資金供与とは?

マネー・ローンダリング及びテロ資金供与マネー・ローンダリング(以下、マネロン)とは、麻薬取引などの不当な取引や犯罪などで得られた不正な資金の出所が分からないように多数の口座を転々と移動させたり、正当な取引で得た資金としてみせかける行為です。資金の出所が不明となることで「資金洗浄」とも呼ばれています。
テロ資金供与とは、テロの実行支援などを目的としたテロリストへ資金が渡されてしまう行為を指します。どちらも不正な資金の流れが隠されてしまう行為です。

これら犯罪による資金の移転を防止するための対策は、AML(アンチ・マネーローンダリング対策)とも呼ばれており、規制を定めた法律が犯罪収益移転防止法(犯収法)です。

マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策(AML対策)はなぜ必要?

日本だけでなく、国際社会全体でテロ組織や犯罪組織によるマネロンおよびテロ資金供与の犯罪件数が増加しており、対策の重要性が高まっています。金融機関や暗号資産交換業者の健全性を保ち、犯罪を助長しないためにもAML対策が必要となっています。
また、マネロンおよびテロ資金供与対策に取り組む国際組織「金融活動作業部会(FATF(ファトフ))」は2021年8月に「日本での対策は不十分」である審査結果を発表しました。取引の開始時だけでなく、継続的顧客管理をはじめとした対策強化が求められています。

金融機関・暗号資産交換業者に求められる対応とは?

クレジットカード会社・銀行・証券会社等の金融機関や暗号資産交換業者など、利用にあたって本人確認が必要となる金融商品やサービスを取り扱う企業は対応が必要となります。
金融庁の定めた「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドライン(※)」では、

  • マネロン・テロ資金供与リスクに見合った低減措置(リスクベース・アプローチ)
  • 経営陣の関与・理解

が求めらています。
具体的には、疑わしい取引を断ち切るための対応が求められています。
たとえば、お客様情報を確認するための本人確認や取引内容の確認業務の実施などを行い、お客様情報を最新化し、定期的にメンテナンスすることが急務となっています。対応が不十分な企業に対して、金融庁は業務改善命令や業務停止命令などの行政処分を出すことで対策強化を求めています。

※マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドラインの詳細は
こちら:【外部リンク】マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドライン(金融庁)

TMJの提供サービス

TMJでは、アウトバウンドコールを中心にお客様の属性確認・お客様情報のメンテナンスをするためのヒアリングをクライアント企業に代わって行っております。

TMJのアウトバウンドコール業務の一例
TMJのアウトバウンドコール業務の一例

以下、各業界での具体的なヒアリング項目の一例です。

クレジットカード会社

  • お取引に使われる資金の原資や使途、職業・勤め先・資産・収入の状況、利用先の加盟店や購入商品・サービスなどのヒアリング
  • 在留カードなど、国籍・在留資格・在留期間(満了日)が記載された本人確認資料をお持ちのお客様へのヒアリング

銀行

  • 個人のお客様:氏名・住所・生年月日・ご職業や、取引の目的等のヒアリング・情報更新
  • 法人のお客様:住所や事業内容、株主情報等のヒアリング・情報更新

証券会社

  • 特定の国に居住、所在されているお客様、特定の国とお取引があるお客様へのヒアリング
  • お取引期間が空いているお客様へのヒアリング
コンタクトセンターの運用経験・ノウハウを活かした
継続的顧客管理業務のサポートならTMJにお任せください!

サービスの導入事例

大手クレジットカード会社 様

業務内容
最新のお客様情報の取得

対応チャネル
電話

業務におけるポイント
アウトバウンドコール業務の運用経験とノウハウを活かした、コンタクト率向上と更新情報の正確性の担保

お問い合わせ