menu

ニュース

「MONETコンソーシアム」に加盟

~MaaS市場拡大の中、新たなカスタマーサポートの在り方・サービス展開を目指す~

2020/06/16 お知らせコーポレート関連

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うセコムグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下TMJ)は、自動運転を見据えたMaaS事業開発を目的に企業間の連携を推進する「MONETコンソーシアム」に加盟しました。

TMJはこれまで、様々な業種企業のカスタマーサポートや事務、顧客分析などを長年受託運用してきました。昨今はカーシェアやプラットフォームなど、モビリティ事業に関連する業務も拡大傾向にあり、急速に発展するMaaS (モビリティ・アズ・ア・サービス)に対応したサポートサービスを見据える必要性が高まっています。

 MaaS市場の拡大・社会インフラとしての浸透が進む中、今回の「MONETコンソーシアム」加盟により、TMJは新たなカスタマーサポートの在り方・サービス展開を目指します。また、高齢者対応を強みとする弊社においては、年齢・地域を問わず、誰でもモビリティサービスを利用できる環境構築の一助となる研究活動を進めていく所存です

MONETコンソーシアムとは

ソフトバンクやトヨタ自動車などの共同出資会社「MONET Technologies株式会社」が設立したコンソーシアム。次世代モビリティサービスの推進と、移動における社会課題の解決や新たな価値創造を目的としています。

MONETコンソーシアムURL

https://consortium.monet-technologies.com/consortium/

株式会社TMJについて

TMJは、株式会社福武書店(現・株式会社ベネッセコーポレーション)のインハウスコールセンターより独立分社化する形で1992年に設立。世界でも例のない継続型の会員制事業で培った生産管理、品質管理のノウハウを活かし、多種多様なクライアント企業のコールセンターの設計・運営から、調査・分析、人材派遣、人材育成などのサービスを提供しています。2017年には、セコム株式会社の100%子会社となり、より強固で安全性の高いグループネットワークを活かし、クライアントビジネスの成功をサポートします。

本件に関するお問い合わせ

経営本部 広報室 泉
Email:pr@tmj.jp TEL:03-6758-2016

totop