menu

導入事例

大手通信教育会社 様

グループ会社全体の業務の標準化を行い、大型シェアードセンターを短期間で構築

大手通信教育会社・グループ企業の人事・総務等の間接・管理業務について、企業の改革/環境変化に伴い、これまでグループ各社で行われていた管理・間接業務(総務・人事等)の標準化と移管が求められていました。しかしグループはB2B、B2Cの企業もあり、標準化は図られておらず全く別の環境からの、初めての大改革でした。まずは業務を可視化するところから、グループ全体で標準化を進め、シェアードサービスを確立。円滑に立ち上げ、安定的な運用をしています。

課題
  • グループ企業はそれぞれ異なるビジネスモデル、標準化は図られておらずバラバラ
  • 間接・管理部門に加え、事業部門の固有業務の事務作業にも改革のメスを入れる必要があった
  • クライアントの経営トップの要請は非常に強く、短期間のプロジェクト完了を求められ難易度高
提案

各社の業務を把握するところから人材のケアまで、包括的な提案をしました。

  1. 人材の派遣、業務の可視化
    -現場に巻取り要員・派遣で安心感を植え付けるとともに業務を棚卸しするところから小さくはじめ、徐々に展開していくことでスムーズに進行
  2. 人材ケア
    -それぞれの方がおかれた状況を配慮してきめ細かく対応。不安やモチベーションダウンに繋がる前に芽を摘む。特に転籍者や出向者は育成役として尊重し密にコミュニケーションを取る
  3. システム等の導入、標準化
    -これまでのやり方の変化を少なくさせるよう配慮。制度はグループ企業内を類似系統のパターンに分け徐々に統一を図る
    -派遣の利便性を損なわないよう、フロアにセンターとの橋渡し担当を置くなど工夫

 

成果

  • アウトソース可能な業務の切出しに成功し、グループ全体のコスト削減・収益性改善に大きく貢献
  • 転籍・異動に対する不安へのケアにより、短期スケジュールで移管を実現

関連する事例

資料ダウンロード

TMJが豊富な経験と最新技術を駆使して得た、業務の効率化やスキル向上に役立つ実践的なノウハウや知識を、無料でご提供します。

totop